今こそ免疫力アップ!腸から元気に

寒波が一挙の押し寄せてきて、気温がグッと低下してきました。

 

私のいる南国宮崎でも、氷点下4度とかを記録すると、グッと底冷えしてくるのを感じます。

 

こんな時こそ、免疫力アップを意識していく時期。

 

お正月明けにお正月太りも解消したいし、インフルエンザもコロナも心配っていうあなた。

 

意識を「外敵に負けないぞ!」モードに切り替えていきましょう。

 

怖い、怖いと思っていると氣持ちもダウンして、免疫機能が壊れて行っちゃうんです。

 

まずは、氣の中でも「衛氣(えいき)」を引き上げていくこと。

 

衛氣とは、体が放つ氣の一種で、体の周りを覆ってくれる見えないベールのような鎧のようなものだと思ってください。

 

これをしっかり立てるには、肺と脾臓の機能を高めることと東洋医学では言われています。

 

コロナが怖くて外出できない。

 

人がコロナを持ってくる媒体だと思え。

 

そう思っているうちに、この衛氣のベールはどんどん小さくなり、本当に外敵に弱い防御しかできなくなるんです。

 

衛氣を養うためにまずは、肺の養生。

 

良い空気を吸うためにも深呼吸をしてみましょう。

 

そして、自宅の空気の入れ替えもやってみて。掃除をする瞬間だけでもいいので、換気をして肺にフレッシュな空気を入れてみましょう。

 

そういう意味では、ヨガも最高ですね。

 

アロマを炊くのもいいですね。

 

深く吸って、吐く息を、見えないベールで体の周りに結界を張っていく意識を持ってみましょう。

 

そして、肺と大腸は経絡で繋がっていると言われています。

 

大腸にいい養生スープをご紹介します。

 

美腸フードとして紹介したいのが、カブ、大根、白ネギなどの辛み食材。

 

これに発酵食の麹調味料を入れて、食物繊維たっぷりの紫もち麦をトッピングした

 

「白の衛氣スープ」をご紹介します。

【白】の衛氣スープ「かぶと白ねぎのポタージュ」

 

 冬は閉臓の季節。

 

温かいスープで、体も心ものびやかなりますように。

畑中美智子

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG