病院とのつきあい方

東洋医学は根治療法を目指すので、

 

基本的に私は病院にはあまり行きません。

 

薬もよっぽどでないと飲まない。

 

サプリメントも摂らない。

 

じゃあ、何で?って聞かれたら、「食べ物で」って答えます。

 

食べ物の力ってすごいんです。

カラダも気持ちも運氣さえも改善しちゃうのですから。

 

ずっと外食が続くと、自分の手作りした味が恋しくなります。

 

まず、最初にするのが玄米炊き、みそ汁のだし、煮しめ、黒豆、ニンジンのラぺ。

 

かぼちゃやホウレンソウの白和えが食べたくなるのも、免疫力をアップしたくなる時。

先日、カウンセリングで頭痛外来に行ったら抗生物質が強すぎて副作用が出たと医者に申し出たところ、

 

「自分の白血球で治しなさい。」って言われたのだとか。

 

白血球って免疫の要。

 

要は根本療法するなら、

 

毎日食べているもの、睡眠、運動、環境を整えることが免疫力アップにつながるのだと私は思います。

 

病院へは定期検診に行くようにしてます。

 

50歳になってから、年に一度の人間ドックと脳ドック、婦人科検診。

 

歯医者には割とかかっている方かも。

 

エイジングとともに、臓器も目や歯も影響は出てくるもの。

 

そんなセルフチェックに行くようにしています。

医療費を圧迫させていく薬依存の治療よりも

 

食べ物による予防とカラダ作りが一番安上がりで簡単な健康法であると

 

思っています。

 

 

 

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG