開運フード「小豆」

水の代謝が悪くて、顔がむくんだり、夕方になると足がパンパンに晴れたりというあなたにオススメなのが小豆。

 

{08B2A910-3C7F-4086-8B9C-351CCB41AE46}

 

 

 

 

 

小豆は、薬膳では腎臓の形に似ている食べ物で腎をを強化する食材と言われています。利尿効果が高く、むくみ解消に効果が期待されます。

 

小豆は開運フードで、昔からおめでたい日にお赤飯を炊いて祝いますが、浄化フードでもあるんです。

 

女の子から女性性に目覚め、初潮を迎えるときに赤飯は炊くのは、おめでたいということもありますが、穢れを払うという意味でも小豆で浄化します。

 

また、1日と15日にお赤飯を食べるという風習が残っているところもありますが、旧暦の1日と15日は満月と新月に該当し、小豆の浄化パワーでみそぎをするという意味で食べられてきました。

 

小豆には、むくみを解消する効果に加えて、豊富な食物繊維、ビタミンCの前駆体であるプロビタミンCが豊富に含まれています。

 

風邪予防や美肌のためのビタミンCの補給に、みかんなどのかんきつ系よりもカラダを冷やさないのでオススメです。

 

砂糖で炊いてあんこやぜんざいに、塩や昆布で炊いて小豆昆布煮にと小豆は日本の食文化のハレの食材です。

 

小豆を炊くには、圧力鍋が簡単!

{F16E82F6-EEEF-4AC5-A20E-92DE2D6D9348}

 

 

 

 

 

「圧力鍋3分×2回!簡単に炊ける小豆の煮方」をご紹介します。

小豆           1カップ

水             2カップ

だし昆布(あれば)   5cm角1枚

 {C7FC8086-8C12-42CC-A586-99BD8862CA74}

①圧力鍋に材料を全部入れて、圧がかかって3分。自然冷却。

(浸水させないこと。かえって固くなる)。

 

②圧が抜けてから、さらに3分圧力をかけて、自然冷却。

(小豆昆布にしたい場合は、ここで水1カップと塩小さじ1をいれて、圧をかける)

 

{C1AA677B-5529-43FD-8AFF-A8A6592141FE}

 

③できあがり。小豆あんにする場合は、このあと砂糖大さじ5を入れて、ふたを開けてかき混ぜながら煮詰めていく。

 

運気アップ、浄化に、風邪予防に小豆を活用しましょう。

 

#プリンセスファスティング
#読むダイエット
#和食風水
#マクロビオティック
#薬膳

 

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG