美腸フード②:腸内細菌

成人の腸には、約1000兆個の腸内細菌が約2kgいると言われています。

 

その腸内細菌には大きく分けて三つ。

 

善玉菌(有用菌)、悪玉菌、中間菌。

善玉菌はビフィズス菌やラクトバチルス菌が代表例で、ヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌飲料に記載されている聞き馴染みのある細菌たち。

 

これらは、腸内環境を優位に保ち、すっきり排便と体調維持には欠かさない大切な細菌と言われています。

 

それに対して悪玉菌は、腸内腐敗を引き起こし、下痢、ガスの発生、体調不良、イライラなどの原因になります。

 

悪玉菌の代表例は、ウオルシュ菌、黄色ブドウ球菌のような食中毒を引き起こす有害菌です。

 

中間菌は、日和見菌とも呼ばれ、腸内で善玉菌にも悪玉菌にもなる要素を持っています。

 

この中間菌が善玉菌よりになると腸内環境はよくなります。逆に悪玉菌よりになると腸内腐敗が起きてしまいます。

 

その鍵は、食べ物とライフスタイル、ストレスのかかり方。

善玉菌の大好きな食べ物が多くくると、中間菌は善玉菌よりになり、圧倒的に善玉菌優位になってくれます。

 

その逆に腸内腐敗を招くような悪玉菌優位になる食べ物ばかりを食べ、ストレス下に居たならば、あっという間に体調を壊す原因になります。

 

次回号でこの善玉菌が好きな食べ物とライフスタイル、そして悪玉菌が優位になって中間菌まで巻き込んでしまう恐れのある食べ物についてご紹介したいと思います。

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG