【発酵の4大聖地めぐり】春の鹿児島「美腸発酵ツアー」2日間研修in 2022

2022年3月19日から20日にかけて、美腸発酵アドバイザーを中心に14名の皆さんと鹿児島の発酵の聖地をめぐる研修をしてきました。

 

発酵の4大聖地である、黒酢、クラフトビール、麹、焼酎、鰹節、ウイスキーと発酵マニアには美味しすぎる研修。

①黒酢「黒酢の桷志田(かくいだ)」
②麹と焼酎とビール「バレルバレイプラハ&GEN」
③カツオマイスターといっしょに枕崎のカツオぶし工場見学

④国産ウイスキーと焼酎「本坊酒造マルス蒸溜所」

 

鹿児島空港での待ち合わせで、お会いした瞬間から参加者の皆さんが大興奮。クラブハウスやzoomの研修でお会いしていた

 

美腸発酵フードアドバイザーたちだらけだったのですが、リアルで会うのは初めて。

 

オフ会ならぬ、研修ツアーに早くも大興奮状態。空港での先着メンバーとまずは記念撮影。

 

①発酵学者小泉武夫先生も足繁く通われた福山町の黒酢。今回は、黒酢の桷志田(かくいだ)さんにて場内見学後、

黒酢の発酵過程を久永さまからお聞きしました。

仕込んだばかりの黒酢は、玄米と麹と水だけを信楽焼きのツボに入れて、2年は少なくとも発酵させるのだとか。

黄麹を入れ、かめの中で熟成発酵させて2年後がこんな感じになったらいよいよ黒酢になっています。

発酵専門家の竹下先生から詳しい発酵の話をお伺いしてきました。

その後は、黒酢をふんだんに使った黒酢ランチでまずは発酵食三昧をご堪能。

みなさん、ご満悦のご様子。

②何と言っても今回の目玉、河内源一郎商店の三代目、山元正博先生の麹のお話をお伺いに

 

バレルバレイプラハ&GENの麹見学コースを研修していきました。焼酎型のタワーがそびえ立つ麹の館前。

山元先生の奥様、娘さん、お孫ちゃん、社員様までの熱いお出迎えぶりに一同大興奮。

 

麹の館では、山元先生から麹のでき方、機能性などについてご講義いただけました。

麹の持つ可能性とその利用法について2時間熱くご講義を受けさせていただきました。山元先生自らがお話しいただくのはまずあり得ないということで、山元先生の娘さんも社員さまも後ろでビデオを回しながらお立ち会いくださいました。

 

一同、興味津々すぎて、終わったあとは山元先生を囲んでの写真撮影会。

その後、ご著書「麹のちから!」と「麹親子の発酵はすごい!」の本に参加者全員がおねだり状態でのサイン会にまでなってしまう熱狂ぶり。

そして、しまいには握手会にもなり

 

一同「山元先生の手、柔らかい!やっぱりの麹を扱う人の手って違うのね。」と

 

生の山元先生を思いっきり感じてお勉強させていただきました。サービス精神とお客様へのおもてなしをしてくださる山元先生に本当に感謝感謝のひとときでした。

 

ラストは火がついたように一気に爆買い(笑)して、後ろ髪を引かれる思いでバスに乗り込み、

 

山元先生ファミリーと社員さまに見送られながら指宿へ南下していきました。

 

③隠れ目玉が宿泊先である指宿いわさきホテル。九州でも屈指の温泉地である指宿は、篤姫でも有名な観光地。お湯の量が半端ない指宿の中でも、客室数NO.1の指宿いわさきホテルに宿泊。夕食と朝食の1泊2食つき。皆さんで乾杯からスタート。

温泉に入ってゆっくり休めました。

 

④2日目は、指宿から枕崎まで移動し、発酵食でもあるかつお節の研修へ。

 

まん防明けの連休中ということで、最後の最後で受け入れてくださったのが、株式会社まるくに様。

地元枕崎の観光協会からは、かつおマイスターの濱村さんにもご同行いただきお話を伺いました。

かつお愛が大爆烈。こうやって何回かに渡って火入れしていぶして乾燥させるのだそう。

 

大切な心臓部分である火入れのところを、(株)まるくにの上窯奈津絵社長が案内してくださいました。

枕崎のあたりでは、鰹節の火を燃やす薪があちこちに積み上げられていて、専門のきこりさんもおられるのだとか。

この薪で炊くのですが、その量たるものや壮大でした。

 

本枯節には、最後にカビをつけて発酵させて、独特な風味を付けるのだとか。天日干しされた鰹節の前駆体を発見。

 

その後、火の島公園にて観光ツアー。キャンプをしている家族キャンパーの多さにびっくりな観光地でした。

 

 

⑤2日目のランチは、カツオ漁獲高日本一の枕崎にてカツオをメインとした郷土料理であるビンタ料理を魚処なにわで。

 

錦江湾を見ながら食すぶえんカツオに、鰹節になる前の発酵の原型を感じていただきました。

はじめて、目玉の美味しさを知りました。

 

枕崎の人の食について、現地コーディネーターで、美腸発酵フードアドバイザー8期生の夏越協子さんにお話を伺いならが、舌鼓を打ちつつランチを堪能。

 

⑥ランチ後は日本での数社しかない国産ウイスキーの蒸溜所である本坊酒造マルス蒸溜所へ。

蒸溜所ではウイスキーの作り方を見学。

田中さまがモルトから乳酸発酵と酵母発酵の後の蒸留について詳しく説明くださりました。

 

ジュニパーベリーを使った国産のGINも作っておられるそうです。

石蔵樽貯蔵庫の中は感動ひとしお。今回はこのツアーのために特別に中を見学させていただけました。

3年も経つとこれくらい色がついて、量も減るのだとか。天使の分前というらしいです。

蒸溜所のメインイベントは、本坊旧邸でのウイスキー試飲とショッピングタイム。

有料ですが、グラスでのウイスキー試飲ができちゃうんです。5000円の30年ものウイスキーを試飲。

参加者さまはウイスキーのリストの豊富さにも大興奮。YUKIKO先生のカウンターのたたずまいがまた絵になることと言ったら!

 

まだまだ時間が足りないと言いつつ、記念撮影もそこそこにバスに乗り込んで、帰路に向かうことになりました。

 

鹿児島中央駅経由で半分の参加者とお別れして、鹿児島空港へと戻りました。

 

【発酵の聖地「鹿児島」美腸発酵ツアー2日間研修】

2022年3月19日(土)から3月20日(日)までの一泊二日

3月19日(土)

9:30 鹿児島空港集合

9:40 出発

10:20「黒酢の桷志田(かくいだ)」見学
黒酢とクラフトビール製造過程の話と、発酵専門家の竹下先生のお話も。

11:00   桷志田 黒酢ランチ

      麹黒豚のローストをメインにした黒酢ランチ

12:10 出発

13:00  バレルバレイプラハ& GENにて講義&見学

     山元正博会長の麹のご講義と場内見学

16:30 出発

18:00 指宿いわさきホテル 着

        夕食

3月20日(日)

7:30 朝食

8:30 チェックアウト。出発

10:00 枕崎カツオぶしツアー&火の島公園散策

     現地コーディネーター夏越協子さんと観光協会かつおぶしマイスター濱村さんもご同行いただきます。

12:00   魚処なにわにてかつおのビンタ料理。

14:00  本坊酒造株式会社津貫蒸溜所 見学

    国産モルトウイスキーの製造工程過程と試飲付き

15:00  出発

   鹿児島中央駅 経由

17:00  鹿児島空港帰着

 

*このツアーは、旅行会社ミソラリンクさんが企画販売に携わっていただきました。本当にありがとうございました。

 

本当に楽しすぎて、大興奮だった2日間の鹿児島発酵ツアー。

 

同じ腹の虫を持つもの同士、会った瞬間からずっと昔からの旧友との再会を楽しめた2日間でした。

 

次回は2022年の秋くらいに第二弾をやる予定です。

 

ご参加くださった美腸発酵フードアドバイザーの皆さま、研修先の会社さま、現地でのお手配をしてくださった皆様に本当に感謝申し上げます。

 

発酵の輪を広げて健康になっていく人を増やしていけるようにこれからも「腸から元気で美しく養生を」推進して参ります。

 

参加者全員、たくさんの元気とやる気と愛をいただけたことに感謝申し上げます。

 

2022年3月21日 一粒万倍日&春分

 

美腸発酵フードアドバイザー統括

畑中美智子

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG