土鍋で玄米

いのちのごはん」の著書である開運ごはんのちこさんに感化されて、土鍋で玄米を炊いてみたくなりました。

 

ちょうど手に入った1合用の小型の土鍋。

 

霧島の国分焼さんの土鍋。

 {D0AC1BC8-BB20-409C-AF9F-9D2952102F4C}

お米は、大分のらいむ工房さんの魂のこもった玄米。

 

土鍋で炊くととってもおいしい。甘味が増して、糖化されているので消化されやすくなります。

 

ここでご紹介するのは、わりと消化されやすい柔らか目の玄米ごはんの炊き方です。

 

「土鍋で玄米の炊き方 」

玄米  2合(今回は1合)

水    3.5合(1合なら2合)

塩    ひとつまみ

 

{51112D43-E586-4E74-90C7-E5900A567B85}
 
①玄米を洗い、土鍋にセット。

 

②中火で沸騰させる。(ふたを開けて、沸騰しているか確認。)

 

{AE3583AE-69CE-492E-8BE2-03610219CBBE}
 

③ごく弱火40~50分。(固めのあっさりタイプがお好みなら40分。甘味の強い消化されやすいタイプなら50分)

 

 

④15分蒸らし。

 

⑤底からかき混ぜる。

 

できあがりの玄米ごはんがこちら。おいしさのしるしのかに穴がしっかりできています。

 

{EE168F9E-B49E-4F77-AA4B-BF857B39E101}

一般的に、玄米は圧力鍋が健康で元気な人向け、土鍋は体がやや弱っている方や胃腸が弱い方に向いていると言われています。

 

長時間、加熱することでより一層、カラダを温める効果が高くなる(陽性化)していくので、冷え症や陰性食品過多の方にはオススメ。

{244C6309-5B95-46BC-82DE-A069BD0291BC}
 
食養生の基本です。

しばらく、夏に向けて土鍋で玄米を炊いて、養生していこうと思います。

 

 #プリンセスファスティング

#読むダイエット

#和食風水

#マクロビオティック

#薬膳

 

 

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG