;脳の暴走のはじまり!?

昨日は、ファスティングのカウンセリング5セッション。

このクライアントの多くが「暴走モード」に入っている方たちばかり。

「ああ、私が暴走しているから、この方たちに会わせられるんだな。」と自分を改めて振り帰りさせられました。

暴走しているときは、突っ走っている自分に気付かないことが多いです。

そして、突っ走っている自分も心地いい。

そんなときに限っていろんなお知らせやサインが出てきます。

車をぶつけたり、スピード違反で捕まったり、けがをしたり、風邪をひいたり、家族に体調の悪い人が出たり。

自分へのサインを見過ごしていくと、家族や自分の親しい人へと禍の形でサインが転じていくことがあります。

プラス、食の暴走が始っているケースが多い。

今まで食べなくてもよかったものや我慢していたものをやたらむやみに食べ始めている人が多いです。

コーヒー、チョコレート、ご飯、肉、から揚げ、辛いもの、チーズ。

実は、私も暴走が始まる時にこのようなものを口にしたがります。

その後、必ず体調を壊すか、けがや事故でお知らせがきます。

ダイエットご希望のクライアントたちはみなさん、このようなエネルギー超過の状態で私の前に現れます。

パンパンに張った顔、カラダと同様に、ココロも頭もスケジュールもパンパン。

明らかにキャパオーバーであるご自分に気付かれてないことが多く、肩こりや腰痛が起きていても感じないでいる不感症になっておられることが多い。

悲しい、つらい、痛い、苦しい。

このような感情を感じていたら、現状としてやっていけないと感じている人が多いので、食に逃避してくる。

アルコール、甘いもの、パン、チョコレートなどなど。

脳の暴走は、食の暴走が始り。

そして、台所に立っている時間が短くなったり、居間や台所が片付かなくなってきたとしたら、あなたの頭の中が混乱している証拠。

解決策は「抜くこと」。

氣を抜く。力を抜く。スケジュールを抜く。

ファスティングの2週間は、食を抜いていくので、行き過ぎたエネルギーを抜いていくことができます。

リセットしたくて、ファスティングに再チャレンジするクライアントも最近多くおられます。

ご自身でどうにもならない混乱状態をリセットされたいとのこと。

食と心。

食と思考パターン。

ともに、食を正せば、人生が変わる

ファスティングの2週間プログラムで「気づき」と「リセット」のお手伝いができれば光栄だと思っている今日この頃です。

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG