栄養失調ですって!?:読むダイエット

先日のカウンセリングでお越しのクライアントさまは、スリムでチャーミングな小柄な40代女性。

 

カウンセリング前にメッセージをいただいていて、

 

「ヘモグロビンA1cの数値が高くなってきていまして。ファスティングで食をリセットしたいんです。」

 

お会いすると、体重42kgと肥満とは縁遠そう。

 

「実は、脂質異常症も持っていまして、悪玉コレステロールが高めなので、お薬を飲んでいます。」

 

すぐに毎日の食事メニューを書き出してもらいました。

 

朝:みそ汁、ときどきパン、ヨーグルト、フルーツ少量、コーヒー。

 

昼:みそ汁、つけもの。

 

夜:みそ汁、つけもの、家族の残りおかず少々。

 

間食にチョコレート。

 

ん?

それだけ??

 

「そうなんです、食べると胃が重たくて。これに貧血もあるんです。」

 

どうやら、これは栄養失調ですよとお伝えしました。

 

お仕事もされているこの女性は家族の為に、お掃除もお洗濯もパーフェクトにこなしたいタイプ。

 

家族の料理は作られるのに、自分の分はなく、ほとんど残り物がつまみ食い。

 

ママたちに多いのですが、自分の分は御膳に入れて食べることはなく、ほとんど台所で立って食べるという残りモノ暮らし。

 

「これではどれだけ食べているかもわからないですよね。

 

その前に、いつ今度は栄養が入ってくるかカラダがわからないから、カラダが蓄えようとしているんですよ。

 

カロリーになる糖や脂をカラダが確保したがっていて、血糖として、コレステロールとして蓄積しようとするんです。

 

だから代謝の悪いお体になっていくんですよ。

 

手足が冷たいなどの冷え症もお持ちですよね?」

 

とお尋ねすると、

 

「ハイ、常時、手足も冷たくて。 代謝が悪いというのは実感しています。」

 

ダイエッターに多い栄養失調。

 

低カロリーのモノを食べ過ぎていたり、またはその逆で、高カロリーなのに栄養がないものを食べ続けていくと

 

カラダは燃えなく代謝が悪いカラダになっていくのです。

低体温、低血圧、貧血といった症状をお持ちの方と同時に脂質異常症、糖尿病傾向をお持ちの方は気を付けて。

 

それよりもちゃんと3食をバランスよく食べる。

このクライアントさまにも一度ファスティングをされて、その後の回復食から通常食に上げていく食トレを

矯正させていただく予定です。

 

健康診断の血液データは、過去の食べ物状況が多いに反映されるもの。

 

体重だけでなく、血液の質にも関心を向けてみましょう。

 

知らないうちにあなたも栄養失調になっているかも。

 

 

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG