体重計にのってないって!?:読むダイエット

ダイエットカウンセリングをして驚くのが

 

「最近、体重を計っていなので、どれくらいあるかわかりません。」

 

太っていくと体重計に載るのが怖い、億劫、めんどくさいと言われる方が多いです。

 

これは、ご自分の現実と向き合うの避けているしるし。

 

長い方だと、健康診断を受けた時から体重を計っていないといわれ、半年以上も自分の状態がわかっていないという方もおられます。

 

体重は一番簡単にできる健康のバロメーター。

食べ過ぎたなと思うと体重をセーブしていかれるようになるし、

 

カラダが重いなと思う時こそ、体重を計っていただきたい。

 

ファステイングのクライアントさまたちに、最初にお願いするのが

 

「体重計は、小数点第一位が出るものですか?ちゃんと電池が入っていますか?アナログの体重計では日々の変化がわかりづらいですよ。」

 

先日、娘さんに体重計を購入してしてもらったと言われるクライアントさま。

 

「もう、最近の体重計って、アプリを入れると、毎日記録に残っちゃうから嘘をつけないんです。」

 

私と一回目のカウセリングを受けられてから、1週間ですでにー4.8kgダウン。

 

「どれだけ食べていたかってことですよね。夫も便乗して、ダイエットして一緒に記録していたら、-6kg行ってるんですよ。食後のおやつとアルコールを止めたら、私以上に落ちているから、悔しくなっちゃって。」

 

とかわいいことを言われるママ。

 

基本的には、朝一番の体重測定がオススメ。

 

夜寝る前に計って、朝との対比をするにも面白いです。

寝る前と朝イチの体重差が、800g以上ある時は、質のいい睡眠を取れている証拠。

 

寝ている間に睡眠による内臓代謝が上がったと考えられます。

 

むくんでいる時も体重は1kgすぐに増えます。

これが慢性化していくと、自分の体重として定着するので、とにかく毎朝の体重測定は怠らないこと。

 

自分と向き合う。

 

自分を知る。

 

さあ、朝イチ体重測定からやっていきましょう。

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG