ナッツにハマる理由

ダイエットカウンセリングの時に多く聞かれる質問が、

「ナッツはだめですか?」

マスコミなどで、1日30粒のアーモンドは美容にいいと聞いて食べているうちに、ひとつかみがもうちょっと、もうちょっとと言って食べていると言われます。

答えは「あなたの場合はダメです。」

 

ナッツも食べすぎると中毒性があるのです。

 

ナッツは、良質のタンパク源と脂肪を含む高カロリー食。

 

素焼きのアーモンドでも、これを食べると脳は喜びます。というのも、脳の成分構成によく似た構成であるから。

 

脳は約60%が脂肪でできています。

 

本能的に、良質の脂肪分を蓄えようとするので、脂肪とタンパク質でできているナッツを必要以上に欲しがるように脳が「もっと、もっと」って要求してくるんです。

 

これはチョコレートも同じ。

チョコレートもカカオは元々は木の実です。

 

マカダミアナッツにカシューナッツ、くるみ、ピーナッツ。

 

どれもやめられない要素があるのは、条件反射で食べすぎるように脳がプログラミングしているせい。

 

もし、毎日ナッツやチョコレートを食べたい、

 

っと思っていたら、ナッツ中毒の可能性もあります。

 

過剰なナッツは、蓄膿症やニキビなど、過酸化脂質の塊である膿を作っていくことになります。

 

鼻炎がある、背中から上部にニキビができやすい、脂質異常の数値を持っている。

 

などがあるようでした、ナッツ過食傾向があるかも。

 

やめられない、止まらない。

 

そういうクライアントが多いので、ファスティング後の回復食でもナッツやドライフルーツはおすすめしていません。

 

あなたのナッツ中毒。

 

一度、断ち切ってみませんか?

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG