あんバターパンにハマる理由

昨年お会いしたクライアントさまが、リセットで2週間ファスティングを御申し込みくださいました。

 

えらく早い時期に予約されたので、その理由をお聞きすると、

 

「あんバターパンがやめられなくて、怖くなってきちゃって。」

 

「え?」とお尋ねすると、お昼休みになるとあんバターパンを買いに行きたくなるのだとか。

 

2日に一度と繰り替えてしていくうちに、ご自分の脳が暴走されているのに気付かれ

 

「なんだかおかしいんです。食べないとどうかあるようで。」

 

これは完全にあんバター中毒。

脳が大好きな組み合わせなんです。

 

人によって、それぞれ違う脳の快楽物質。

 

アルコールだったり、肉だったり、脂ものだったりするのも共通の理由が、脳を構成しているものが脂で、そして脳がエネルギーを作るのが糖だから。

あんこの砂糖と、バターの油脂分、そして適度な塩分はまさにソフトドラッグ。

 

なんであんなバターの塊とあんこでなんて思うのですが、某有名珈琲店のモーニングセットにも

バタートーストにあんこという組み合わせをチョイスできるメニューもあって

 

まさに脳が欲する組み合わせなんです。

 

このクライアントさまがあんバターサンドにハマる理由は、職場からの逃亡。

 

少しの時間でも職場から離れられることとあんバターサンドでのエネルギーと糖のご褒美がくせになって

 

習慣化してパブロフの犬の条件反射状態に。

 

カウンセリングで、リセッするのにはもちろん、断食して一度脳の快楽回路を遮断すること、

 

そして、あんバターサンド以外に快楽を見出すことをオススメしました。

 

彼女の趣味であるダンスをあんバターと切り替えていただくようにして、お昼に少し動いてもらうことにしました。

 

こういう風にリバウンドには必ず、原因と結果があります。

ダイエットを繰り返しているあなた。

 

案外、あなたの脳のトリックにひっかかっているのかもしれません。

 

リセットするために、ファスティングでの強制終了も時には必要かもしれません。

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG