あなたが恐怖を感じるのは;読むダイエット

何をやるにしても怖い、

 

最初の一歩が踏み出せない。

 

失敗や非難されるではないかと心配しすぎてしまう。

 

そんな不安恐怖症のあなた。

 

それは、あなたの腎の影響かも。

 

五臓には、感情をつかさどると言われる五情とリンクしていて、

 

肝臓 → 怒り

心臓 → 喜び

胃・脾臓 → 思い・憂い

肺・大腸 → 悲しみ

腎・膀胱 → 恐怖

 

という感情とリンクしているのです。

 

冬になって特に寒ごもりの要素もあるのですが、「冬期うつ」と言われるような症状を持つ人がいます。

 

その中でも怖いという感情。

 

これは、冬になると、腎臓、膀胱、婦人科系が寒さで亢進してしまって、余計に恐怖の感情をあおりたてるようになります。

 

かく言う私も冬になるとやたらと恐怖感にさいなまれます。

 

私も婦人科系が弱く、1月生まれなので、腎の影響を相当受けているようで、

 

健康を壊さないか、インフルエンザなどの感染症になるのではないか、仕事を回し切るのかと

 

やたらと心配モードに1月は突入して用心しまくってしまいます。

 

そんなときは、とにかく腎の御手当と養生をしています。

 

まずは、下半身を温めること。

 

二重ソックス、腹巻、ひざ当て、足首ウオーマー、湯たんぽ、カイロ、足湯などで、腎の嫌いな冷えを取ってあげること。

 

そして、黒色食材。

 

腎は黒色食材がお好き。

 

黒豆、昆布、ひじき、わかめ、黒ゴマ、黒きくらげ、黒砂糖、黒酢など。

私の冬のヘビロテ食材は、黒豆と昆布。

 

黒豆は水だけで炊いて、蜂蜜とシナモンパウダーをかけて毎日食べるようにしています。

 

昆布はごぼうの昆布巻をして、毎日いまだにおせち暮らしです。

恐怖を感じているあなた。

 

案外、冬の養生だけでも腎が元気になってくれれば、ハッピーになれるかも。

 

やれるところから、やってみてくださいね。

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG