食育講演会@宮崎市立小松台小学校

2019年11月7日に、宮崎市立小松台小学校の家庭教育学級で食育講演会をさせていただきました。

 

この日は、希望の保護者に給食を試食してもらうという研修も兼ねての会だったそうで、会場の教室には給食の歴史という興味深いパネルもありました。

「カラダと心を育む食事法」というタイトルでお受けしたのですが、ご出席いただいたママたちのお顔を見ていたら、まずはママたちの食育からの方が大切と思い、急遽、ネタ変更。

というのも、ママたちのお顔に出ている食事傾向がとても似ていたから。

 

食べ物がお顔に出る、そして、健康状態も今後もお病気も食べているものと同様にお顔に出ているという話題から。

 

頭痛、肩こり、冷え性、むくみ、アレルギー、倦怠感をお持ちかの自己チェックに敏感なママたち。

 

改めて、食べているものがカラダと心に影響しているということをセルフチェックしていただきました。

 

瘀血と言って、頭痛、肩こり、足のつりのある固太り傾向のあるママたちは、男の子のいるママが多く、食べているものも、唐揚げ、肉、カレー、ラーメン、スナック菓子が多くなっているのは、子供の好きな食べ物につられてご自身も一緒に食べているから。

 

そして、戦闘モードに入りやすく、イライラしたり、結果を早く子供たちにも求めやすくなったりとメンタルの部分にも影響を及ぼしていることをお話しするととても共感していただきました。

 

逆に、パン、スイーツ、甘いもの、コーヒー好きのママたちは、その場から離れるというトラブル回避型が多いという傾向大。

 

ママたちにも子供たちにも食べているものを変えることで、体もココロも整うということで、月食(つきしょく)のススメをしてきました。

新月から控えたい食べ物

ア;甘いもの

マ;マーガリン、バター、油物

テ;低体温食品であるコーヒー、

ラ;ラーメン、カレーなどの高カロリー高脂肪食

ス;食べ過ぎ注意

 

満月である11月12日まで、この控えたいものを実践してみてくだいさいね

 

とお約束してきました。

 

出席いただいたママたちには、わたしが現役教員の時の生徒が3人居られて、すっかりタイムスリップしての話がつきませんでした。

ステキなママになって子育てを頑張っているかつての教え子たちにも和食の大切さをお伝えしたく、話がヒートアップしていくシーンも。

 

最後は、ご出席くださったママたちと記念撮影。

体と心を育む食事法って、とてもシンプル。

 

ごはんと具沢山味噌汁。

基本の一汁だけでも整えてみてはいかがでしょうか?

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG