大人女子の習い事①~茶道「五事式で初釜」

 

2017年1月3日、お茶の初釜に出席してきました。
 
恒例の五事式での初釜は今年で2回目の体験。
 

私は煎茶道を学んでいるのですが、お茶の先生が裏千家の先生でもあるので、社中のみなさんとご一緒させてもらっています。

 
五事式とは、お炭、お花、お香、濃茶、薄茶の5つの稽古を一つの流れの中に入れ込んだ修練の式。
 

お正月の床の間のお飾り。
御軸は富士

床の間のお飾り。逢来飾り。
 
一升半の白米は「一生繁盛しますように」の意味。この日だけは、炭が白米の上に飾られます。

 
 
お茶で使う炭にも敬意を示し、炭飾りをします。
 
 
白米の四隅には、かち栗、いりこ、こんぶ、梅ぼし。どれも縁起物の食材。干し柿とのしいか、海老は長寿祈願。
  

 
汲み出し。ほうじ茶点前で煎茶でさせてもらいました。
 
{6EBD763A-07A6-45C9-9F97-5300F8BCC91B}

結界には、縁起物のひょうたんと仏手柑。この仏手柑は、仏様の手のような形をしたかんきつ。飾り物ではとてもよくお目見えします。
 

まずは廻り炭の式。みなさんで交代でお炭をします。
 

一度、組んだお炭を出して、次の人が組むという具合に全員がお炭のお稽古をします。

次は、お食事。懐石で点心仕立て


向付はカツオのたたき。椀物は巻湯葉、そばの海老しんじょ。瓢型のご飯には金粉が。

千鳥の杯。八寸には海の物には数の子。山の物にはくわい。

次は回り花。みなさんで床の間のお花飾りをします。花積りをして、花器に一人ずつ飾ります。
 

前の人の作ったお花を観賞して、引き抜いて、花積りをしたお花を花器へ一人ずつ飾ります。

次は聞香。
 香を聞いては次の人に回して、香りを楽しみます。

いよいよ、本番の濃茶。練ってもらった濃茶一椀を、みなさんでいただます。
 

薄茶は花月で。

 
くじ引きみたいな小さな札を引いて、「花」の札の人がお点前を、「月」の札を引いた人がお客になって一服いただけるという式。
 
 
参加者全員がお点前も、お客にも交代でなっていきます。

私も「花」の札でお点前させてもらいました。
 
最後は一二三の式。お亭主さんに点数をつけます。
「一」「二」「三」に
「花 一」「花 二」「花 三」に、
「月 一」「月 二」「月 三」の9段階評価。「月 一」が最高得点。
 

修練の場で禅の境地を極めることを目標にして、修行を行うという五事式。
 
先人の知恵の結晶と日本の伝統の総合美の結晶。
姉弟子たちと一緒に出席させてもらえてとても勉強になりました。
 
和の中にも、陰陽五行や風水がたくさん散りばめられています。それを解き明かして、みなさんと先人の知恵の継承をしていくことが、日本人としてのアイデンティティを高め、和の魂を守られていくことだと思っています。
 

  

#プリンセスファスティング
#読むダイエット
#和食風水
#マクロビオティック
#薬膳

 

  

 

 

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG