17年ぶりの結婚指輪

ファスティングのクライアントの中に、結婚前からすると体重が激増したと言われる方が多いです。

出産するたびに、5kgずつプラス。

気が付いたら、独身時代から15~20kgというママは多くおられます。

結婚指輪をされていないママから、このようなご意見を良くお聞きします。

「太って、指輪が入らないんですよ。主人はしているんですけどね(笑)。」

先日のクライアントも、同じように指輪があるのにしていないと言われていました。

このクライアントは独身時代は指輪が大好きで、指もとのおしゃれを楽しんでいたそうです。

結婚して、30kg近く大きくなられて、気が付いたら指輪ができないパンパンの指。

1回目のファスティングで、-15kgを落とされ、少しリバウンドされて、今回2回目のファスティングで約8カ月間でトータルー20kg近くの減量に成功されました。

そのクライアントから、嬉しいメッセージが届きました。(本人掲載承認済)

「先生、無事に結婚指輪をはめることができました!

17年ぶりです。

主人も喜んでくれています。

まだまだがんばります。ありがとうございました。」

このママは愛情たっぷりのキュートなママ。

ご主人と家族に有り余るほどの愛情をお料理を作ることで表現されていました。

毎日の食事も全部手作り。

ファスティング中も、自分が食べられない分、家族にたくさん食べて欲しいと7~8品を作ってふるまわれていたとか。

そんな時に、ご主人に

「食べきれないから、作る量を減らしてくれないか。」と。

はたと、自分の今までの行動パターンに気付かれたとか。

家族のために料理する。→作りすぎて家族が食べきれない。→もったいない。→自分が食べる。→体重増加

この一連の傾向は、「愛情の押し売り」だと気付かれ、量と品数の精選をされだされました。

料理を作りすぎるのは、「愛してもらいたい」の現われ。

特に、カウンセリングを進めていくうちに、ご主人からの愛情をもっと求めておられることに気付いていただきました。

そのご主人への愛情を表すために、結婚指輪を再びはめてみてはとご提案させていただいたところでした。

そして、目標体重を最初の時よりー20kgに設定して、その数字が昨日出たとか。

さっそく、指輪をはめてみられたら、はめられた!

9月に家族旅行を計画されているそうで、それまでの目標体重を設定して、家族愛に包まれているご自分を想像してもらいました。

その頃は、独身時代の体重に戻られて、白のTシャツとGパンにパンプス。そして、結婚指輪。

「想像は現実になる。」

このママが素敵なプリンセスになるのも、あとちょっと。

シンデレラの靴ならぬ、プリンセスの指輪をはめて、ずっとキレイになる魔法にかかっていて、一汁三菜の玄米菜食暮らしを続けてもらえたらと願っているところです。

 

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG