姉妹でファスティング①「妹への贈り物」

姉妹でファスティングをされるクライアントさまが今月は3組おられます。

 

皆さん、最初はお姉さまの方が2週間ファスティングを経験されて、浄化とデトックを

 

体感されて、妹さまを誘われるケースばかりで、本当にありがたい限りです。

 

昨日、最終カウンセリングをした姉妹さまは、妹さまが10日間で−5.3kg。

 

お姉さまが−2.5kg。

 

お姉さまは、今年の1月に2週間ファステイングを経験されてすでに−6kg成功されてからのスタートであったのもあって

 

妹さまほどの減量幅ではありませんが、それにしても妹さまはお姉さまの2倍近く大幅減量に成功。

 

ここでも大きなドラマがありました。ご本人たちの承諾を得て、お二人の体験をシェアしたいと思います。

お姉さまが妹さまを誘ったのは、最近体調不良を訴えて、病院周りをしていたと言います。

 

頭痛がひどく、毎日のようにロキソニンを服用。

 

薬局でも「頭痛薬は1日3回までで、できるだけ毎日は服用しないでくださいね。」

と言われても飲まずにはおられないほどの頭痛に朝起きた時から悩まれていたと言われます。

 

頭痛に加えて、便秘、重度の倦怠感、腰痛、むくみとアレルギー。

 

娘さんたちにも、「お母さんは病院にこんなに通ってもよくならないね。」と言われ、心配されていたといいます。

 

そんな妹さんを見かねて、どうにか体調を少しでもよくしてあげたいと思われたのがお姉さま。

 

このお姉さまも、1月のファスティングの時は、全身が痛んで寝られないくらいの好転反応を起こしながら

 

デトックスされた後は、とても爽快で、体も軽く楽になったと言われます。

 

そんなお姉さまから連絡があったのが先月で、妹さまと一緒に再挑戦してみたいと。

 

早速、今月新月スタートに併せて、2人でのペアカウンセリング。

 

お会いして印象的だったのが、お姉さまは別人のように爽快すっきりになられて、1月にお会いした時のオーラのと全然違っていて、

はつらつとされておられる印象は、少年っぽい感じも持っておられるほどでした。

 

それに比べて、妹さまは鈍として、暗く、影があるイメージで、重だるい波動がお会いした時の第一印象でした。

 

体調が思わしくない感じと、沈んで自分を主張されない印象で自分を押し殺されておられる何かを持っておられるような。

 

舌診をさせていただいたら、さらにそれを確信しました。

 

舌全体に酷い列紋が何重にも入っておられて、言いたいことを飲み込んでおられるから

 

このようなお体になっているとお伝えしたところでした。

 

その妹さんとお姉さまが今月の新月からお二人でファスティングをスタート。

 

今回、お姉さまはそこまでもなかったと言われますが、開始同時に全身の痛みを感じて、2−3日位は我慢しながら寝たと言われます。

 

それに比べて、妹さまから4日目に

 

「体が全身、痛くてたまりません。食べものも飲み物も何も入りません。吐き気がして吐き出してしまいそうです。頭痛もひどく、耐えられないです。」というメッセージ。

 

やっぱり来たか、と内心思いながら、好転反応でこれを乗り切ったら楽になるから、もう1日だけ頑張ってみようと返答しました。

 

その翌日の5日目に2回目のzoomカウンセリングを姉妹で受けていただくことになっていたのですが、

 

妹さんから、あまりに全身の痛みで寝返りも打てず、明け方3時まで痛みで寝れない日が続いているので、カウンセリングをキャンセルしたとのこと。さらにもうファステイングそのものを続行不可能かもと。

 

すぐに電話して、お話したら弱っておられるご様子でしたが、お話はできるくらいだったので、お姉さんとカウンセリングに電話で出席してもらい、好転反応のひどい方は吐き戻しや筋肉痛、腰痛もありながら、糖が体から抜けていく解毒過程が大変だけど、時期に楽になるとお話しさせていただきました。

それから数日後。

 

連絡が入らないので、妹さまもどうにか続行してもらえたと思って最終カウンセリングは対面でお会いすることになりました。

 

私の第一声が

 

「うわあああ!!○○ちゃん!別人みたいにすっきりになったね!」

 

妹さんはー5.3kgも10日間でお痩せになって、立ち姿は本当に別人で、明るくなっておられ

 

印象がガラリとどころか、会ったらわからないくらいの軽く元気なオーラになっておられました。

 

マスクを取ってもらうとお顔が三回りくらい小さくなっておられて、本当にスッキリされてました。

 

「よく頑張ったねええ!これくらい落ちると本当に好転反応はキツかったね。」というと

 

「ファスティングする前と後でこんなに体調が短期間で変化するとは想像も出来ませんでした。

 

全身の痛みがあった時は、とにかく辛くもう無理だと思っていましたが、

 

先生・姉、それから娘達に支えて頂き、ここまで乗りきる事が出来ました!

 

ありがとうございました‼️

 

途中での体の痛みは、本当に耐えがたかったです。

 

娘たちも心配して、色々と世話をしてくれました。

 

寝返りどころか、手を伸ばして何かを取ろうとするだけで、全身が痛くて。

 

本当に硬直しちゃうんじゃないかと思うくらい、全身本当に痛かったです。

 

何もできなくて、本当に寝てばかりでした。

そんな状態が7日間続いてい、7日目で-4.9kg落ちたところから

 

翌日から、すっきり。どこも痛くない。

 

体が軽くて楽になってる。動ける!って。

 

あんなに心配してくれていた娘たちも『お母さん、スッキリしたあ!脚とか、細くなりすぎてエグ過ぎ!』

 

なんて言うんですよ。確かに脚はむくみが取れて、このジーンズも緩くなってしまって。

 

下着も服も全部ゆるくなって、本当に10日間でこんなにサイズがダウンするなんて本当に嬉しいです。

 

それ以上に嬉しいのが、全く頭痛薬を飲まなくていいことです。

 

こんなに長く服薬しなかったことはありません。

 

今思うと、全身の痛みは頭で起きていた痛みと似ています。薬で封じ込めていた毒ができった感じです。

 

壮絶な毒出しでしたが、今になると本当によかったです。

 

便秘だったのに、途中で下痢になっちゃって。

 

便の色も黒から緑になって、何も悪いものを食べていないのに下痢をして体外に排出して毒出ししてたんでしょうね。

 

出産前は、家族も心配するくらいのガリガリ娘だったので、今、あの頃を知る人にお会いすると『え!!』って驚かれるくらい大きくなってしまいましたが、どうにかさらにすっきり落とせたらと思います。」

お姉さまは横で聞いておられながらニッコリ。

 

この瞬間を待っていたのよと言わんばかり、「ね、こんなに体重が落ちてよかったでしょ?私の二倍以上も落ちたんだから、体重が落ちていくのも楽しんでね。」と。

 

実は、お姉さまは妹さんに変わってもらいたくて、ファスティング料金をお二人分支払ってくださったとのこと。

 

「体調の悪い妹を見て、このファステイングをして食生活を改善したらよくなるからって誘ったんです。

 

妹が今月末に引っ越すことになって、物入りなので、私からプレゼントさせてもらったんです。」

感動でうるっと来ました。

 

お姉さんから妹さんへの愛の受け渡し。

 

新しい街で新生活を始める妹さんへ、素敵な門出になるようにと2週間ファステイングをプレゼントされたとのこと。

 

良いと思って薦めて、ご自身も一緒にファステイングされるなんて、深い姉妹愛を感じずには言われませんでした。

 

新天地での生活では、「健康第一」と、ご本人も家族もお姉さんも思っておられ、

 

このファスティングをきっかけに

 

健康的な食習慣を、たくさんの素敵な福が舞い込んでくることを祈らずにはおられませんでした。

 

ジーンと来ながらの最終カウンセリング。

 

今日もまた別の姉妹の最終カウンセリングが午後から待っています。

 

姉から妹へ。

 

素敵な愛の橋渡しストーリーのエンデイングを期待しながら、備忘録として残したいと思います。

 

 

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG