;「私が台所に立つと、家族にもダイエットになるみたいです。」

12年間で1400人以上のファスティング指導をしていますが、

 

そのクライアントの多くが、ママたちです。

 

出産のたびに、5kgプラスになって、、、というママたちは

 

同様に家族も巨大化されていることを心配されているケースも多いです。

料理大好きなママが、2度目のファスティングにリトライされました。

 

「先生、前回は家族の行事があると、外食、外食でリバウンドしていきました。」

 

前回はー9.5kgまで落とされていたのに、家族の行事が続いて、3kgほど戻ってしまったとか。

 

カウンセリングでお聞きすると、必ず、リバウンドのきっかけになるのが、親戚との会食。

 

『実は、おとといも親戚の集まりがあって。

 

娘を隣にして、食べてもらっていたんですけど、翌日に外食することになったら、たがが外れてしまいまして、やらかしてしまいました。終いには、カップラーメンまで食べてしまって。』

 

前回のリバウンドのきっかけが、家族の帰省で、外食をすることがきっかけだったと気付いていただきました。

 

『ファスティング中は、食べられないこともあって、量も種類もたくさん作ってしまうんです。

 

作ると自分は食べられないのに、満足できるんです。

 

子どもたちは、それを食べて、買い食いをしなくなりました。

 

「ママのご飯を食べると痩せる」と言って喜んで食べてくれます。

 

味覚が変わったらしく、あんなに大好きだったファーストフード店のハンバーガーも食べなくなりました。

 

ダンナもコーラ中毒なくらい、コーラ大好き人間だったのですが、

 

今では、薬臭いって言って全然飲まなくなったんです。

 

私が料理すると、本当に家族も変わります。

 

そして、私自身も暴食しなくなるんですよね。

 

そういえば、家族の行事の時って、実家に行って、上げ膳据え膳で、私が台所に立たない時に

 

暴食している気がします。

 

何もしなくていいので、暇で。それでつい食べてしまないと満足しないみたいです。』

ファスティング開始されて、2週間でー4kg。

 

気付かれたのは、台所に立っている時が一番、脳が正常で食も正されているとか。

 

忙しくて、料理ができない時こそ、暴飲暴食傾向にあると言われます。

 

自分で食べるものは自分で作る。

 

ファスティング後は、一汁三菜をご自身で作っていけるように指導していくのですが、

 

ここで包丁を久しぶりに持つというクライアントも例外なくおられます。

 

家族にとっても、ご自身にとっても、

 

ココロをカラダを満たしていくのは、プロではないけど最高の調理人であるご自身の料理。

 

台所に立って料理することはクッキングセラピーにも

 

家族の健康にも

 

ご自身のダイエットにもなることに気付いてもらえると嬉しいです。

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG