陰と陽の月に⑦

14年間で1400人以上のファスティング指導のクライアントは女性がほぼ9割。

 

クライアントが好きな食べ物がストレス耐性を弱めていることに気づきました。

 

甘いもの、アルコール、コーヒー、パン、乳製品、卵料理。

多くの女性が食べ物を癒しに求めていることが多いです。

 

上記の食べ物は依存症になることも多く、やめられないと言われる悪しき食習慣になってしまうことも。

 

これらの食べ物は圧倒的に陰性食品

 

食べ続けていると冷え性になったり、むくんだり、体重増加、アレルギー体質、自律神経失調症を招くことも多いです。

 

更年期の女性が気持ちのアップダウンが激しい揺らぎ世代と言われるのも、甘い物にコーヒーがお好きだったり、アルコールがやめられなかったりという糖依存症であることに自覚していない人も多く出会います。

これは脳のトリック。

 

脳は手取り早く快楽を得ようと、糖をあなたに取らせようとありとあらゆる手であなたに言い訳をさせてきます。

 

「これくらいならいいよ。」

 

「ご褒美、ご褒美。こんなに頑張ったんだから、食べちゃっていいよ。」

 

それは糖依存症になっている一歩手前。

 

または完全に糖依存になっているかも。

 

陰の月は、こんな陰性食品を食べているとますます体がむくみやすく、免疫や低下していくこともあります。

 

脳のトリックがすぎる時はファスティングもいいかもしれません。

 

オンラインショップ

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG