陰と陽の月に⑥

14年間で1400人以上のファステイングを指導して気づいたことが

 

食べ物でと思考パターンの関連性の高さ、

 

そしてその傾向が、今後のリバウンドするかしないかの可能性に深く影響していることがわかるようになってきました。

 

逆に食べ物の好みを聞けばどのような思考パターンをお持ちかがよくわかります。

 

例えば、カレー、ラーメン、焼肉、餃子、揚げ物など、肉好き、揚げ物好き、塩辛いもの好きな傾向の人がエネルギー旺盛

 

ストレス耐性もかなりあって、自分の意思を貫き通す強いご自分をお持ちな方が多い。

 

闘争本能も高く、常に勝ちを人生の目標にされていることが多く、誰かに負けたくなかったり、自分に負けたくないと負けん気が強い傾向があります。

 

自分にも強い分、他人にも強く出ることもあってトラブルを引き起こすことも。

 

声が大きく、体はしまっていて、固太り傾向。

 

スタミナがあって、思ったらすぐに行動が取れてします社長タイプに多いです。

このような方には、圧倒的にファスティングがおすすめ。

 

食べることはエネルギーを充填していくこと。

 

抜いていくことで行き過ぎた気を抑えていけるので、

 

その分を他人にも任せていくことになり部下の育成へとつながっていけるはずです。

 

陽性過多なのは体ばかりでなく、気持ちや思考パターンにも出てきます。

 

脳の暴走を招きやすくなる時って、闘争本能を掻き立たせる肉食中心の時が多いので、ちょっとリセットしたくなったら控えてみるのもいいかもですね。

オンラインショップ

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG