太る原因は脳内にあり!?

800人のダイエットコーチをして
太る原因の一因には大きく分けて
2つの食べ方と脳内ホルモンの関係があげられます。
「攻撃型」と「癒し型」の食べ方。
「攻撃型」
エネルギーを欲しがる食べ方で
肉、塩気、脂もの
ラーメン、カレー、焼肉、どんぶりもの
食べて、仕事に家事に頑張ろうと
必要以上も食べて太ってしまうタイプ。
かなり交感神経が優位でせっかちな気滞タイプにこの食の傾向が見られます。
{40E741A3-DFF0-4921-AC4D-1F935A2F3E92}
「癒し型」
ごほうびを欲しがる食べ方。
パン、甘いもの、チョコレート、飴、コーヒー、麺類、アルコールなど
仕事や家事の合間や終わった時に
ごほうびが欲しくなるタイプ。
女性の8割はこのタイプで太っていきます。
副交換神経優位で癒されたい気持ちでいっぱい。
どこかに「なんで私だけが」というプチ被害者意識気味。
{7C37B9F4-3AF5-4E14-9FE8-4F4A6166181F}

ご自分の食べ方はどちらの傾向が強いのか。
攻撃型は脳内ホルモンであるノルアドレナリンが優位で、ストレスがかかると暴走しながら食べて行くので、太る原因になります。
癒し型は脳内の幸せホルモンであるセロトニンを多く分泌させることで癒されるので、条件反射的に癒しの食べ物を欲しがり、脳が暴走していき太る原因になります。
脳の暴走を止めるためには、食べる環境を整えること。美味しいと感じられる脳は満腹中枢を正常に働かせてくれます。
{D31D114F-8774-474E-81F8-1E282636DDF3}

また、正しい食事をとること。

ココロとカラダ喜ぶ正しい食事はバランスのとれた一汁三菜の和食中心

{BE86016B-B035-49A4-9E83-439EBA8BB5B8}

どうしてもという脳の暴走を止める最終手段はファスティングで強制終了することです。脳内リセットしていき、心とカラダの本当に欲しい食べ物を口にされていくことをオススメします。
プリンセス⭐︎ファスティングについてhttp://s.ameblo.jp/sunshinefc/entry-12192428405.html

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG