人生のヒロインへ

人の成長とともに、クライアントさんの成長ぶりをご一緒させていただくことが

 

ダイエットカウンセラーをしていて多くあります。

 

現役の教員時代は教え子の成長段階は嬉しいステップであったのと同じくらい

 

クライアント様のライフステージに合わせた発展ぶりも指導者としては見させていただいて嬉しい限りです。

 

先日のカウンセリングは、大好きな妹のようなクライアント様。

 

最初、お会いしたのが6年前。

 

コメを食べるのは悪、太るのは醜態、見苦しいのはもっと悪と思っていたYちゃんは

 

とにかく食べるが少量。

 

自分のお茶碗もなく、家族の食べ残しを食べて、太った自分に嫌気が挿しておられ

 

「私ってダメダメなんです。」っていうのが口癖で自己肯定感の低さが気の毒なくらい

 

自分のできないところばかりを見ていた30代後半のママでした。

 

そのYちゃんが、自分のためにお茶碗と箸を揃えてもらうところから始まり、

 

朝ごはんも自分のためのポタージュが作れるようになり、

 

昼食は、霞を食べて生きている仙人かと思うくらい、コメを食べることをおそれいたのをワッパ弁当を持っていけるまで

 

成長して、大好きだったパンも控えて、脱小麦粉生活をしばらく送ってくれていました。

私の1月の誕生日がちょうど3ヶ月目のゴール。

 

しっかり、パンもやめ、3食たべても太らない代謝の良い体になり、体重は46−48kgを正月明けもキープしていたと言います。

 

体重も確実に安定して、食べても太りにくい燃えるイイ女にになっていました。

 

そんなYちゃんから、3月下旬に連絡が入り、

 

「4月下旬に健康診断があるので、ファスティングしようかと思います。4月の新月スタートで間に合いますか?」というお問い合わせ。

 

妹のようなYちゃんが、ちゃんと食生活を送れて、体重も心も安定しているかと思っていたら

 

どうしたのかと思い、カウンセリングに入りました。

 

会って開口一番が、

 

「美智子姉、実は、アルコールにハマってしまって。もう私、アル中なんです。」

 

は?何それ??

 

今まではビールを飲み会でお付き合い程度って聞いていたような気がすると思い、最後のカウンセリングから遡ったイベントをお聞きすると、

 

「コロナ禍で飲み会が一気に減ってしまったでしょ。飲まなくていい私だったのに、ちょっとならいいかと思って、金曜と土曜と日曜の週末は飲んでいいって自分で決めたんです。

 

同僚と、パンやパスタを食べない脱小麦宣言をして、グルテンフリーを生活を送っていたのですが、ビールも麦だと思って。ビールの代わりに焼酎720mlを買って、ロックで飲み出したら、結構これがいけることに気がついて。

 

1日2杯ぐらい飲んでいたら、開けたくなってまた翌日も飲んでってなって。なんだか中途半端で開けておいて置くのが好きでないから飲みとりたいんですよね。

 

息子の食べ残しも私が食べるようにしてます。中途半端に残っているとイライラして。それを見るのもいやなので、もうお菓子もパンも買ってこないようにしてます。

 

仕事も家事も中途半端がイヤ。

 

全部、白黒付けたい方で、グレーがイヤなんですよね。それもあって、焼酎も720mlを買ってきて週末に飲み干せない時は月曜も飲んで、飲み干して、週末に新しい焼酎を買ってきたくなるんですよ。

 

しかも売り場の焼酎の種類を全部コンプリートしてくなってきちゃって、銘柄を毎週かえて買うのが好きで、マイナンバーワンを決めたくなっている感じです。

 

もう、おっさんですよね。このまま、健康診断でアル中が出るのが怖くなってきて、このままではいけないと思って

 

先生に止めてもらいたくて、今回ファステイングを申し込んだんです。」

妹のようなYちゃんは、ライフステージの変化を尋ねてたら、同居しているご高齢のお父様が少し認知症が入り出して、施設やデイケアの

 

手続きで多忙になってきた頃と焼酎癖が重なっているところ、

 

職場ではキャリアまっしぐらで、課長クラスのナンバースリーになっているところ、

 

息子の子育てもいよいよ終わりで、今年は受験生であり、進学していくところなども踏まえて、

 

自分へのご褒美と逃避が、週末の焼酎になっているところに気づいていただきました。

 

「楽しみがそれしかないって40だい前半の女性にはかわいそうじゃない?

趣味とかエステとか、マッサージに行かないの?」

 

「そうなんですよ、ぼーっとしているとか、ゆっくりしている自分が許せなくて。

 

常に忙しい自分を作っちゃっているんですよね。

 

息子も父もいよいよ不在になったら、私一人の時代がくるというのに、私は自分の趣味すらなくて。

 

もうおっさんですよね。退職したら、それこそ何もない感じです。」

 

40代前半のYちゃんがやっと自分らしく生きる時代がやってくるというのに。

 

カウンセリングではまず、オッサン化している自分に気づいてもらって

 

週末の晩酌以外に、楽しめる趣味を見つけて、綺麗で楽しい自分を許すことを提案させていただきました。

 

まずは、自分時間を作ってもらうこと。

 

そのために、青島でのヨガとサーフィンをご提案しました。

 

「そうなんですよ。今まで、息子のために週末は全部部活動の大会での送迎で潰れていたんですよね。

 

その息子ももう3年生で、総体が終わったら私、何していいのかわからないでいるところなんです。

 

父もちょっと認知症が入ってきて、施設に預けることになりそうなんで、本当に自分の時間がグッと多くなるんですけど、

 

暇さえあったら、アルコールに走ってしまうのも怖くて。

 

自分のために週末を過ごすってずっとやってきてなかったですね。

 

これからの長い人生、自分時間を取り戻して行かないといけないんですもんね。」

 

 

素敵な大人の女性として、お一人さま時間も楽しみたいというYちゃん。

 

ファスティングをスタートして、今日で46kg台が出たとご報告。

 

「体重よりも、アルコールの飲まずに過ごせている自分がびっくりです。

 

アルコールなしでも、十分やっていけるんですよね。私。

 

で、早速、サーフィンとヨガのクラスも5月から申込みました。

 

自分のために、時間とお金を使って、人生を楽しむ。

 

そう、美智子姉さんみたいになりたいです。」

なんて、可愛いこと言ってくれる妹。

 

そうこう言っているうちに、Yちゃんのファスティングも今日で11日目。

 

人生のヒロインになっていくYちゃんに心からエールを送ります。

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG