ファスティング3日目

2019年3月21日満月からファスティングを開始して今日で3日目。

 

準備食3日目の朝です。

 

今朝の体重は、初日からー1.3kg。

昨日からはー800gダウン。

 

今朝の朝ごはんです。

 

今朝は、好転反応だと思われるクライアントさんからのメールが。

 

頭痛と吐き戻しが初日の晩から激しくて、頭痛薬を飲んだら体重が250gリバウンドしたというもの。

 

ファスティングによる好転反応は人それぞれ。

 

私は全くと言って出ないほうなのですが、人によっては頭痛がひどかったり、吐き戻されるということが多々あります。

 

一番多くいただくのが眠いというコメント。

 

これはすべて、「肝からのデトックス」とお伝えしています。

 

つわりに似た症状だと言われることも多い好転反応の吐き気ですが、

 

つわりは、悪いものを胎児に送らないようにカラダが本能的に制御して、

母体に食べさせないように吐き気をひどくして

食欲を抑え肝臓が解毒を進めると言われています。

 

ファスティング中も似たような反応で、肝臓のデトックスがマックスになっていくと

 

肝臓は体を休ませようとして、眠気や頭痛を催して眠らせるようにします。

 

吐き気や吐き戻しで食べさせないようにしてカラダの解毒をすすめようとします。

 

すべてカラダが本能的におこなっているデトックスの反応。

 

毒を出そうとカラダががんばっているのを頭痛薬などでふたをしてはダメとお伝えしています。

 

とにかく、寝て嵐が過ぎ去るのを待つこと。

 

今まで食べてきたものがカラダにどれだけ負担をかけてきたのかを

反省して悔い改めること。

 

食い改めるためにファスティングして、正しい食事へと持っていく。

 

私もどうにか「手放す」ことができ始めました。

 

今回の私のテーマが「手放す」。

 

過剰になったエネルギーを手放す。

 

過剰な期待を手放す。

 

不安や心配を手放す。

 

欲を手放す。

 

どうにか脳も気分も落ち着いてきた感じで、ようやくお通じがありました。

 

脳が興奮している時は、お通じが遠のいてしまうのですが、

 

今日あたりから緊張を手放してくれているようです。

 

月経も昨日まで経血量が少なかったのが、今日になって多くなっていきました。

 

カラダもココロも緩んできた証拠です。

 

カラダも守りと攻撃の体制でがちがちになっていたのね。と、

 

やっと内なる自分と対話できるようになってきました。

 

明日まで準備食。

 

今日は、農園の断捨離 DAY。

農園での過去を、ある程度手放していくつもりです。

 

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG