お正月太り2021②

お正月ってなんとなく小寒の1月5日までって感覚がありますが、もう世間は動き出しているなと感じます。

 

ハレの日であるお正月から、日常に戻していくというところで、一番大事なのが毎日の食事の切り替え

年末年始から、お餅、オードブル、おせち、特別仕様のグルメ食材などに囲まれてハレの日を楽しんできていると

 

どうしも「食べ癖」がついてきます。

大晦日も元旦も上げ膳据え膳状態だったり、おせちや出来合いグルメを堪能しているうちに

 

ずっと食べっぱなし!ってことも大いにありますよね。

 

この食べ続けていることに慣れてくると、

 

食べていないと口寂しい。なんかつまみたい。って負のサイクルができてしまいます。

 

この状態に慣れてくると、脳がいつも血糖値を高い状態で慣れさせようとしてくるので食べていないと気が済まない。

 

そして、確かに「お正月なんだから、特別。特別。ご褒美で食べちゃってもオールOK!」なんて気持ちが

 

1月5日過ぎても、7日の七草粥を過ぎて、11日の鏡開きを過ぎてもずーっと続いて行っちゃうってことにもなるんです。

体のホメオパシー(恒常性)の力は素晴らしく優秀で、一回覚えてしまった体重と食べ癖は

 

ずっと維持どころか、丸々と体をさせていきながら、緩やかに体重上昇させて、

 

新記録更新させていっても本人は気づかない。

 

「大丈夫、大丈夫。まだまだイケる!」

 

なんて、言い訳をしていたら、あっという間にみたことがない大台体重になっちゃうんです。

 

まずは食べ癖をリセットしましょう

 

少なくともだらだら食べることを許すこと止めること。

 

間食は今日から御法度。「禁止令」」を出してください。

 

そこをちょっと意識しておくだけでも、今の体重よりは減らせますよ。

どうしても、食べ癖が止まらない方は、ガツンとファスティングもオススメ。

 

2週間ファスティングで脳を抜本からリセットしていくと、5−15kg減量ダウンは春までに間に合いますよ。

 

そのお手伝いができたら嬉しいです。

 

新年リセットファスティング:お年玉企画

 

 

 

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG