農園カフェ「茶房 銀杏(ぎんなん)」プレオープン

2019年11月23日に農園の新しい施設「茶房 銀杏(ぎんなん)」のプレオープンお披露目会をさせていただきました。

(入口門は農園主の山から切ってきた杉木で鳥居をイメージして、看板は農園主の自筆。)

 

今年最後の天赦日でもあり、新嘗祭のある勤労感謝の日に

 

農園の関係者約30名をご招待しての内輪だけのお祝いをさせていただきました。

 

天岩戸神社より農園主が拾ってきた銀杏が42年後に大木になって立派な雌木になったことをお祝いしてネーミングされました。

茶房の奥にあるパワースポット。御神木でもある銀杏は農園の守り神になっているよう。

 

天然鮎は、農園主がこの日のためにと本庄川で捕ってきたもの。

 

スタッフたちが備長炭で焼いてくれました。

農園の新スタッフ麻美ちゃんの手作り玄米ごはんに、高千穂の哲朗くんが手刈りした餅米「赤とんぼ」でのお赤飯と

農園振る舞いご飯は、気がつけば10品以上に。

 

豚汁、麻美ちゃんの手作り玄米ごはん、冬瓜カレー、高千穂の赤飯、かぼちゃのそぼろ煮、冬瓜のきのこあんかけ、ガネ、青菜ときのこの煮物、大根ともずくの酢の物、先生の特製ゆず大根漬、門外不出のオレンジ「サンシャインひみこ」

新嘗祭に相応しいお米の奉納を兼ねて、みなさんに御饌を振舞わせていただきました。

 

初披露の門外不出のオレンジ「サンシャイン陽美呼(ひみこ)」と「イヌリンコーヒー」ことキクイモコーヒーは即完売。

ご来場くださった皆さん、改めて感謝申し上げます。

 

お土産に、農園主である長友良夫と麻美ちゃんが作った農薬不使用の朝どれ野菜。

どれでも2種類を感謝の気持ちでプレゼントさせていただきました。

 

農園主の想いが詰まったカフェ「茶房 銀杏(ぎんなん)」はプレオープンにつき、本格的な開店はまた追ってご連絡させていただく予定です。

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG