こんな時だからこそ!

新型コロナウイルスで、2020年4月7日に7都市に緊急事態宣言が出されました。

 

誰がここまでコロナのパンデミックを想像していたでしょうか。

 

お花見の季節なのに外出禁止令。

自粛、自粛でなんだ気持ちが落ち込む。

 

こんな時こそ、逆の発想をしていく人が開運して行けます。

 

この状況はいつまで続くがわからない。

 

未来を憂いてもしようがない。

 

それなら、今しかできないこと、今を楽しむことに転換して行った方が

 

次回に起きるビッグウェーブに対応できるってものです。

 

2020年の春限定で1週間ファスティングのモニター企画をしているのですが、

 

モニターにお申し込み下さった方全員が今のこの状況をプラスに取られておられる女性ばかり。

 

クライアント様の個人情報なので、差し障りの無い程度で書きますが、

 

マスコミ関係者、有名老舗旅館女将、大型観光地代表、女性経営者、学校関係者と

 

コロナの影響を受けている中で、「今だからこそ、自分のメンテナンスをしたいんです。」とおっしゃってのお申し込み。

 

コロナで空いてしまった時間をどう活用するのか。

 

今まで馬車馬のように働いて来て、自分が髪を振り乱して

 

必死に仕事を家事をこなしまくって

 

気がついたら体が巨大化、心がボロボロ、食べるものはコンビニ食。

 

こんな状況が続いていたら、自分が崩壊しちゃう。

 

このまま負のスパイラルを切るためにも、この自粛時期に体のメンテナンス、家の断捨離、心の静養をするいい時期なんです。

 

下を向いて、愚痴を言い合って、お互いの傷を舐め合っていても

 

先はまだまだ見通しが立たない五里霧中状態。

 

それならば、来たるビッグウェーブのために

 

今自分にできること、体と心を整えていくこと。

 

家族と一緒に団欒を楽しむことをしていく方が、ジャンプできる力を温存できるというもの。

 

かく云う私も、自分が1週間ファステイングを開始する前は

 

首を斬られたのもわからずに、勢いで走りまくっている廃鶏のようだったと自覚しています。

 

1週間の休暇ともなったファスティング期間は自分へのご褒美と決め込んで、

 

ヨガ三昧、マッサージ、温泉に行って、自分軸を取り戻して来たところです。

走りっぱなしを一回止まって、リセットしてみる。

 

そんな自粛期間を自養期間にチェンジしていくのも素敵な女性になるためのステップになると思います。

 

嘆く暇が合ったら、未来を眺める時間にスイッチを切り替えて。

 

こんな時だからこそ、

 

今、あなたにできることに目が向けられることと探して実行してみてくださいね。

【残席わずか】1週間プラチナ&ゴールド週間ファスティング:↓

オンラインショップ

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG