;勝ち組の中へ13

キレイな人は、美意識の高い話や健康の話、運氣の上がる話をする仲間と

おデブな人たちはおデブぶりをネタにしたおデブ自慢の話を。

類は友を呼ぶ

自分の波長に合った人たちといっしょにいることは心地よいこと。

でもいつまでも成長のない、ぬるま湯につかっていたら、ずっとそのステージから上がれないこともあります。

あなたの周りにいる人たちは、あなたの鏡

あなたのなりたい像にあわせた類友といっしょに過ごすことが、自己実現への鍵です。

私は、いままで1200人以上のクライアントをファスティング指導してきました。

その中でできるコミュニティーが思わずみなさんを引き上げて次のステージへランクアップさせている光景をみてきました。

ファスティングの卒業生たちは、健康や美、運氣の上がることに興味をとても示してこられます。

毎月の薬膳レッスン、ランチ会などに来られて話されている内容は、グルメ情報よりもリバウンド防止のメニューや家族へのアレンジメニューの話題。

ブティックの試着室でで11号だと思って持ち込んだサイズが大きすぎて、「9号サイズを持ってきてください。」と言って着てみたらまだゆとりがあるなど、痩せて嬉しい「あるあるネタ」をみなさんで共有されている。

キレイで健康になっていくとそれに向かってますます精進されていかれる。

自分の波長とあわないと感じる集まりは居心地が悪いものです。

それは、自分のレベルがあっていない証拠。

同じ上昇志向を持った仲間との語らいは励みになり、次への目標設定を決めていけるのです。

勝ち組には勝ち組の

負け組には負け組の思考パターンがついてきます。

以前、事業に成功している20代の教え子が

「自分の収入を上げたいと思った時に、自分より5倍も10倍も収入をとっている社長たちとつきあうようしました。

自分の周りにいる5人の平均収入が自分の収入になると聞いたからです。

今では、それくらいの収入がきてますね。」と。

私の食のお弟子たちは、私といっしょにいる時間が長いお弟子ほど、食への情熱と新規事業や事業拡大への青写真が明瞭になってきています。

ファスティングの最終カウンセリングの時に言っているのが、

私に会いにきてください。

私に会えない時は、リバウンドしかけている時か、している時。食が暴走している時ですよ。」と。

勝ち組の中へ。

光がまぶしすぎて近寄れないなら、目をつぶってでもサングラスかけながらでも近づいてきて欲しい。

必ず光の方向に道は開けていくはずですから。

記事の共有と読者登録のお願い

畑中美智子

畑中美智子

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせいただけましたら嬉しいです。

一人でも多くの方に食の大切さをお届けすることが私の喜びに繋がるので、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップになります。

最新記事をいち早くお届けするために、読者登録をおすすめします。

お知らせ

まずは体験を!7日間メールレッスン

《脳もカラダもリセット!開運体質になる7days レッスン》

無料でお送りする眼からうろこの7日間レッスン。

よかったら登録してみてくださいね。

【毎朝6時に届く脳からのダイエット革命】

先着100名様に試行として無料配信中。

登録はこちら↓

https://mail.os7.biz/add/YhxI

IMG_3864.JPG